FC2ブログ

さがみの鉄道写真/撮影日誌…archives

1974年頃からの写真を公開しています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6泊7日東北一人旅

高校1年の春休み、東北周遊券を使った一週間の旅に出ました。
費用は国鉄駅の改札のバイトで貯めました。
父のFTbを借り、なんだかプロになったような気分だったことを思い出します。

使用した東北周遊券は学割で4600円でした。
東京都区内~青森間は大人2560円の時代です。

3月11日、上野発23:48発会津若松行き「ばんだい5号」に乗りました。
翌日、会津若松に下り立つと雪景色となっており、3月とは言えココは東北なのだと感じました。
19740312-1011.jpg
会津若松駅

SLは昨年3月に木曽福島へD51を見に行ったのが最初でした。
会津にはC11がいて会津線や只見線には貨物列車が
19740312-1021.jpg
日中線には最後までC11の客車列車が残っていました。

何の知識もないまま会津線に揺られ「会津落合駅」で降りました。
19740312-1031.jpg
SLはいつ来るのかも分からないし撮影地も分からない。
駅周辺を歩くのですが雪が深くてとてもとても…
駅で待っていればそのうち来るだろうと言う考えで待ちました。
19740312-1041.jpg

19740312-1051.jpg

この後は会津若松へでて、磐越西線で郡山へ…
郡山23:03発の青森行き「津軽1号」で北を目指します。
「津軽1号」の指定された席へ行くと僕の席には誰か座ってて寝てるし…
他の席は空いてない、その人を揺り起こして退いてもらいましたよ。

| 1974年 | 09:21 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

6泊7日東北一人旅…(Vol.2)

よく眠れないまま翌朝になり湯沢とか横手とか積雪が凄かったことも思い出します。
「津軽1号」を秋田で下車しました。
19740313-2011.jpg
指定席券は東能代まで持っていましたが秋田で下りたことは覚えています。
誰も乗っていない普通列車に乗りました。
なぜ東能代なのか?五能線に乗った記憶はまったくないし…。
19740313-2041.jpg

19740313-2021.jpg
東能代駅だと思います。
19740313-2031.jpg
この後の記憶はまったくありません。
フィルムにも何も写ってないし、何してたんだろと…ただ列車に揺られてただけなのかな?

| 1974年 | 09:31 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

6泊7日東北一人旅…(Vol.3)

フィルムのコマ順で見ると福島駅が写っています。
前夜の青森発「津軽2号」に乗っていますね…って自分のことなんですが(^^ゞ

福島駅3番線から発車の秋田行き421列車。
19740314-3011.jpg
福島駅
この列車は秋田で列車番号を変えて青森まで行く。
他のコマにはピンボケのED71や「はくつる」などが写っている。

19740314-3021.jpg
峠駅
19740314-3031.jpg

駅裏手に本線に降りる階段があってそこで写真を撮った。
保線の係員さんから「よく来た」と言われ今回の一人旅では嬉しかった事を思い出します。
19740314-3041.jpg
大沢-峠
19740314-3051.jpg

19740314-3061.jpg
スイッチバックも初めてなら、格納庫みたいなスノーセットも初めてだった。

19740314-3071.jpg
峠~大沢

19740314-3081.jpg
大沢駅の上りホームと本屋を車内から。
「みんなの下駄箱」と言うのが当時はなんだか分からなかった。
板谷詣でするうちに地元の方が駅で長靴から普通の靴に履き替えるのを見て納得…。

今日の夜行列車は湯本から[十和田2号]に乗車…
しかし指定席がダブルブッキング…私は調整席に移されました。

| 1974年 | 09:38 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

6泊7日東北一人旅…(Vol.4)

[十和田2号]を北上で降り、北上線の始発列車に…
なぜか陸中大石(現、ゆだ錦秋湖)で降りたのでした。
19740315-1011.jpg
こんな積雪は生まれて初めてだった。
19740315-1021.jpg
雪下ろしも始めて見ました。
たぶん「やってみるか」と言われたのだと思いますが、何を言っているのか分からなかった。

19740315-1031.jpg

当時の時刻表を見ると岩手湯田(現 ゆだ高原)止まりの列車があるので乗ったのかなと…
19740315-1041.jpg

19740315-1051.jpg

この後、横手から特急[あおば]に特急券を奮発して乗りました。
秋田からは[きたぐに]で青森を目指し、乗りもしない連絡船乗船名簿を車掌さんから貰ったりして…
今日の宿はまた[津軽2号]上野行きでした。

| 1974年 | 09:50 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

6泊7日東北一人旅…(Vol.5)

[津軽2号]を福島で降りて東北線で仙台に来ました。
19740316-1011.jpg
仙台駅

仙石線の「多賀城」「本塩釜」の入場券がありますから、たぶん降りたのでしょう (^^ゞ
松島を散策し、列車を乗り継いで盛岡へ…
寝台専用急行[北星]のB寝台で東北一人旅を終えました。

| 1974年 | 10:08 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

四国巡行

高校時代の友人Wとの四国巡りの旅行です。

※スナップ写真の一部は拡大されません。

まだ瀬戸大橋はまだ完成しておらず連絡船で四国に渡りました。
また、よく知られている宇高航路の他に国鉄連絡船として仁堀航路があり
宇高は宇野~高松・仁掘は仁方~堀江間の連絡船です。

早朝の東京駅に集合して「ひかり」の乗客になるのですが今日の宿は高松を夜半に出発する夜行列車です。
深夜までに高松に着けばよいので日中はどこへ行くあてもなく二人で相談…
Wは「倉敷とかは何時でも行けるから普段行けない尾道へ行こう」と・・
それに「宇高連絡船より仁堀航路で四国へ渡ろう」と言うことになりワクワクしながら新幹線車中で話していたのでした。
尾道駅に着きました。
19810410-102-1.jpg
左上に見えるのは尾道城ですがまったくの観光用で築城しました。

19810410-103-1.jpg
尾道駅前の路線バス。

尾道駅から、とぼとぼと歩きロープウェイで千光寺公園に着きました。
山頂からは尾道を一望できる公園があり「文学の小道」と言う尾道ゆかりの作家や歌人の碑が刻まれている自然石を読みながら
帰りはのんびり歩いて降りました。
作家「林芙美子」が通ったと言う喫茶店でのんびりしていたのですが・・・
19810410-104-1.jpg

使用した四国周遊券です。
19810410-101-1.jpg
当時は四国に渡る連絡船は宇野線の宇野と四国の高松を結ぶ宇高連絡船と呉線の仁方(にがた)と四国の堀江を結ぶ仁堀航路がありました。
二本の航路があったため四国へ渡るには行きと帰りを別々の行程にできました・・・
尾道から三原へ出て呉線で仁堀航路の出ている仁方で下車。
駅から十数分歩き連絡船乗り場で待つのですが出帆時刻を過ぎても船の姿はなくどうしたものかと…
心配しているうちに「エンジントラブルのため欠航になりました」とアナウンス。
すでに18時過ぎ、ここで四国に渡れないと後々の計画が・・・。
すぐに仁方駅に戻り周遊券の裏に証明してもらいました。
Wは緊急のため新幹線乗車を認めてもらおうと食い下がったのですが結果はNO…
そんなに甘くありませんでした。
呉線・山陽線・宇高連絡船となんとか乗り継ぎ、宿である中村行き夜行列車へ。
この夜行列車は普通列車なのですが運用の都合で急行型気動車を使用しグリーン車を連結しています。
が、時刻表にはグリーン車のマークが付いていません。

と、言うことはグリーン車は普通車扱い。
そのことは鉄ファンにはおなじみで高松港に着くと猛然とダッシュ…
目指すは普通車扱いのグリーン車…
なんとか隣り合った席を見つけ今日の宿となりました。
仁堀航路で渡っていればこんなに走ることはなかったのになぁ…
19810410-105-1.jpg
中村駅

バスで足摺岬へ。
19810410-106-1.jpg
この旅では結構観光地を回っています。
吸い込まれそうな断崖絶壁で足元は海…
「ちょっと待て」と言う看板がありました…ここは自殺の名所でも知られていました。

19810410-107-1.jpg
土佐山田駅だと思うのですが…WとDF50の貨物列車。

≫ 続きを読む

| 1981年 | 10:27 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

四国巡行(Vol.2)

翌日は高知から多度津回りで松山に行きます。
19810410-112-1.jpg
多度津駅
19810410-114-1.jpg
キハ181系好きにはたまらん…
19810410-113-1.jpg

観音寺で降り観光地の琴弾公園へ
19810410-115-1.jpg
社会の教科書で見た、砂で作ったと言う銭型を見たくて観音寺駅で下車。
当時の領主が当地を訪れるのを知った領民が歓迎のため一晩で作ったと言う「寛永通宝」。
19810410-116-1.jpg
この砂絵を見た人はお金に困らないと言われていますが・・・・?

予讃本線を下り松山へ。
19810410-117-1.jpg
松山市内を走る伊予鉄道市内線。
19810410-118-1.jpg
松山城散策…

≫ 続きを読む

| 1981年 | 10:46 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

東急線に“リゾート21”が走った!

伊豆急2100系「リゾート21」は1985年(S60)に登場し、運転席の後ろに階段状に展望席を設け、座席は眺望を良くするため海側に向けたベンチシート、山側はボックスシートにするなど観光リゾート列車を意識した普通列車としては料金不要の豪華電車です。
1986年(S61)には鉄道友の会より「ブルーリボン賞」を受賞しました。

東急では田園都市線開通20周年を記念して、東急車輛で2本目の「リゾート21」が落成されたときに招待客を乗せて東急各線を走行しました。
19860619-1011.jpg
東急車輌から長津田へ向け甲種輸送される2100系/成瀬駅

19860619-1021.jpg
梶が谷駅
19860619-1031.jpg

19860619-1041.jpg
尾山台-九品仏

19860619-1051.jpg
大井町駅

19860619-1061.jpg
荏原町駅

≫ 続きを読む

| 1986年 | 08:30 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

東急線に“リゾート21”が走った!

1988年(S63)4月には第3編成も「リゾートエクスプレス今井浜'88」として東急線を走行しました。

19880402-1011.jpg
古淵駅

19880409-2011.jpg
多摩川園
19880409-2021.jpg
1988-4-10
19880410-2031.jpg
緑が丘-自由が丘

| 1988年 | 08:50 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

山陰撮影日誌

ある鉄道雑誌で山陰地方の特集を見ているうちに「う~ん、行きたい!」そういう気持ちが高ぶってきました。
いつも鉄ちゃん撮影に付き合ってもらう晴れオトコの「ハタ坊」も快く承諾してくれました。
ただハタ坊は仕事の都合で現地にて合流することになった。
19991221-1011.jpg
遠征当日は冬型の気圧配置、山陰地方は大雪注意報発令!。
飛行機は「着陸できない場合は<伊丹>か<羽田>に引き返します」と、アナウンス…マジ!
条件付のフライト。
この先大丈夫だろうか?早く晴れオトコよ来い!

太平洋側はこんなに良い天気なのになぁ…
飛行機は心配をよそに無事に出雲空港に着陸した。
19991221-1021.jpg
空港から連絡バスに乗ること20分ちょっと…
久々の出雲市駅だが高架になり出雲大社を模した立派な駅舎に変わっていた。
大雪注意報が発令されているが意外に晴れている。
ホームに上がって381系「やくも」を撮る。

言わずと知れた有名撮影地、「五十猛~仁万」。
出雲市10:01発の「快速石見ライナー」に乗るが、この列車は五十猛に停車しない。
なので大田市で降りてタクシーで五十猛に向かいました。
運転士さんに五十猛駅から仁万の方向へ少し行ったところへお願いすると…「あそこね!」
と、言われるほどでした…三脚を持っているし「鉄ちゃん」とバレた。
現場に着くと「みんな、そこを登って撮ってるよ」…また用があったらと運転士さんが名刺をくださる。
踏み固められた細い鉄ちゃん道が山へ続いている。
三脚を杖代わりに登ってみると、あの雑誌で見た風景が…
19991221-1031.jpg
海岸沿いの松の木はもうちょっと生えていたような気がしたけど・・・
ちょっと雲が多く晴れたり曇ったりで肝心の列車に日が当たらない。
閑なのでラジオを聞いて待っていた。
19991221-1041.jpg
「おき2号」

数枚のカットを撮り次の撮影地に向かう。
五十猛駅から浜田行きに乗り、浅利駅へ。
浅利~江津間で海をバックに撮影された写真を見たことがある。

地図を見ると駅から江津方面へ行くと日本海をバックに撮影できそうなところがあるので歩いていきました。
が、20分くらい歩いたでしょうか?ポイントが見つからない!。
次の予定もあるし・・「駅に戻ろう!」
19991221-1051.jpg
[いそかぜ]/浅利駅
19991221-1052.jpg

≫ 続きを読む

| 1999年 | 15:54 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

山陰撮影日誌…(Vol.2)

昨日(21日)は松江の駅前ホテルに泊まった。
キハ181系使用の普通列車に乗りたかったからでもある。
出雲市で折り返し通勤ライナーになる列車だ。
19991222-1011.jpg
この列車は米子始発で松江6:37発→出雲市7:23着。
出雲市発、米子行きの通勤ライナーになるキハ181系「おき」の間合い運用である。
この通勤ライナーは4両編成なのだが「おき」は3両編成で、わざわざこの通勤ライナーのために1両増結している。

昨晩はかなり雪が降った。
ホテルで衛星放送を見ようとしたのだが天候不良ということで見られなかった。
出雲市8:02発の列車まで駅撮りして過ごす。
19991222-1021.jpg
今日の撮影プランは出雲神西~江南間と小田~田儀~羽根間、五十猛~仁万間です。
江南駅に8:13着で、出雲神西方へ戻るように歩く。

19991222-1031.jpg
2台のカメラで望遠・広角と分けて撮った。
米子以西では一往復しかない「くにびき」
19991222-1041.jpg
江南~出雲神西

次は田儀駅へ移動する。
江南9:12発の列車で、田儀9:27着。
ここから1.5Km小田方のポイントで撮る。
しかし国道は昨夜来の積雪があり、線路をオーバークロスする道には歩道が無い。
ダンプカーが頻繁に走っていて歩きは危険…
昨日名刺を貰ったタクシーの運転士さんを呼ぼうと公衆電話へ…
しかし電話に出ない…何だかなぁ(-_-) 仕方ないので駅近くのポイントである羽根駅方面へ。

波根駅方面の国道には歩道があり、4~500mくらい歩くと築堤が見えてきた。
線路の方向へ進むと築堤にあがる道があったので滑りながらも登る。
今日は大雪注意報が出ているし、風は強いし寒ぃー。
「早く来ないかなぁー」そんなことばかり考えてました。
時刻表から割り出した通過時刻になっても列車はなかなか来ない。
19991222-1051.jpg
「プワァーン」 来た!凍える手でカメラをホールドしてシャッターを切る。

あれ?どこかの鉄道雑誌で見た!ここだったのか!
一人で納得。
そんなわけで列車を待つ…首からカメラを下げジャケットの中に入れる。
19991222-1061.jpg
手はポケットの中。
ややうつむき加減で列車を待つ…疲れる。
駅近くの踏み切り警報音が聞こえた!俄然元気が出てきた。
19991222-1071.jpg
この列車を撮った後、五十猛に向かう予定だが…
田儀駅に戻って13:05発の下り列車を待つ。
が、列車は来ない…気配もしない。
スピーカーから遅れている旨、放送があった…へぇー無人駅です。

遅れて下り普通列車が来た。
でも、この雪だと五十猛のお立ち台へは登れない。手前の静間駅で急遽下車した。

構内が駅撮りに向いていたのでよしとする。
列車が遅れている、積雪はそんなにないのだが?
夜、友人と合流するまで一人きり、暇なのでラジオを聞く。
東京からの鳥取、出雲空港行きの飛行機は軒並み送れているとの情報が流れる。
[いそかぜ]も遅れてる。
下り「出発信号機」がやっと青に変わった。
19991222-1081.jpg

普通列車も遅れてて車内は下校の学生で満員。
一人場違いの見知らぬ人をみんなが見ていく。
ちょっと恥かしい…決して怪しい人ではありません。
19991222-1091.jpg

今日の宿は出雲市駅至近の旅館を予約している。
友達とはそこで合流を決めている。
到着予定より30分ほど遅れて「ハタ坊」が来た。
山陰側に入ってから列車が遅れ出したと言っていた。
再会を兼ね祝杯をあげたあと、早々に就寝する。

続く

| 1999年 | 16:33 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

山陰撮影日誌…(Vol.3)

出雲市6:54発の列車で田儀へ向かう。
今日(23日)の予定は田儀~羽根、五十猛~仁万、仁万~馬路で撮影。
19991223-1011.jpg
晴れオトコ「ハタ坊」のおかげで今日は雲が多いものの青空ものぞいている。
田儀で上り「快速石見ライナー」と交換

19991223-1021.jpg
昨日と同じ場所ですが線路をはさんだ向かい側にて撮影。

19991223-1031.jpg
日がさしてきたが線路までまだ回らない。

次は五十猛のお立ち台へ向かう。
あの急斜面に登れるかどうかわからないけど天気はイイ。
19991223-1041.jpg

≫ 続きを読む

| 1999年 | 16:51 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

山陰デジカメ日誌

ある鉄道雑誌がキハ181系の特集を掲載した。
「う~行きたいっ!」昨年(1999年)12月に行って来たものの「また行きたい」
青春18キップも発売中だし、空も青いし海も青い。
「よ~し!」あそこで撮ってこの列車で移動して…時刻表と格闘する楽しい作業…。
次の日に大筋のプランが出来上がった。

はたして普通列車だけで行けるのか?大丈夫か?
自問自答しながら「ムーンライト八重垣号」の指定席を買い自分で逃げ道をふさぐ。
もう行くしかないね、座席夜行は久しぶりだ。
大阪へ22時までに到着すれば良いのだから昼間はどこかに寄ろうか?…
そうだ「よんぱーご」ボンネット車を撮ろう!。
北陸本線余呉~木ノ本間は撮影地が余呉駅から近いし「しらさぎ」に決定。

20000806-1011.jpg
「デジカメ一つで旅行に行こう!」
そんなことも考えけど…やっぱり一眼レフも持っていこ。

小田急の始発で小田原へ。
乗る電車や降りた駅を全部撮ったら面白いかな?
20000806-1021.jpg
それを実行すべく小田原からデジカメ片手で、車窓風景や駅名を撮り始める。
失敗したら消せばよいのだから…デジカメの長所である。
沼津には6:33に着いた。
20000806-1031.jpg
沼津から下り普通列車を乗り継いでも、結局沼津発6:54発の電車になる。
またこの電車は御殿場始発であった、閑つぶしで一駅御殿場線に乗る。
20000806-1041.jpg

うとうとしているうちに静岡に着いた。おばさんが大勢乗ってくる。
さっきまで足を投げ出して座っていたのに急に窮屈になる。
皆さんどこまで行くんだ?
窮屈な姿勢で座っているため、お尻がしびれてきた。
おばさん達は降りないし…静岡から浜松まで乗りとおすし…
新幹線を使えばいいのに (--〆) オマエガナァって言われるかな?
20000806-1051.jpg
在来線だと1時間。
浜松での乗換時間は2分しかないのに少し遅れている。
おばさんのせいじゃないけど…。
浜松に着いたときは発車ベルが鳴ってたよ
無事に乗り換えられたが何も先を急いでいるわけじゃないから慌てなくても良いのだが…
そんなわけで浜松駅では撮っていません。
20000806-1061.jpg
乗り遅れても時刻表を開く楽しい作業はあるのだが…
行程どおりに進まないと、今のところは気になる。
20000806-1071.jpg
米原到着は11:48
朝飯は食べずにここまで来てしまった。
とりあえず乗り換え時間もあることだし立ち食い蕎麦のスタンドへ。
腹もすいているし(゚д゚)ウマー

≫ 続きを読む

| 2000年 | 09:29 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

山陰デジカメ日誌…(Vol.2)

翌朝、列車の揺れで眼が覚める。
栓もしていたのでよく寝られた…それとも魔界液のせいか?
20000807-1011.jpg
出雲市6:45定刻に着いた。
駅は効果の近代駅舎に代わっているが向かいのホームにいるのは旧態依然の気動車キハ58系。
20000807-1021.jpg
車内も座席の色が違うものの昔のまま。
靴を脱いで足を前に投げ出す。
これだけで幸せになる。
20000807-1031.jpg

窓の外には日本海!(^o^)丿
20000807-1041.jpg
今日は先ず五十猛へ。
20000807-1051.jpg
五十猛は昨年暮れに来たときと同じ、風景は何一つ変わっていない7ヶ月の歳月があっという間に縮まった。
20000807-1061.jpg
今日は朝から暑い!シャツを脱いでTシャツ1枚になる。
20000807-1071.jpg
少ない普通列車を効率よく使い、田儀へ向かう。
20000807-1072.jpg
コレだけ撮っておしまい。
午後は、また五十猛に戻ってくる。

≫ 続きを読む

| 2000年 | 09:57 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

山陰デジカメ日誌…(Vol.3)

高架となった「出雲市駅」…
まだ、駅前は整備中だった。
20000808-3011.jpg

出雲市6:55発の列車に乗って田儀へ。
20000808-3021.jpg

「ムーンライト八重垣」号が隣のホームに着いた。
20000808-3031.jpg
田儀では羽根駅寄りで撮る。
20000808-3041.jpg

下り「おき1号」を撮ってすぐに戻る。
20000808-3042.jpg
ネガカラ―で撮影

キハ120系は展望ビデオそのもの!一番前でかぶりつく。
20000808-3052.jpg
大田市から「快速石見ライナー」に、仁万では上り快速と交換。

折居駅から撮影ポイントの「道の駅ゆうひパーク三隅」までおよそ1.2Km。
歩いて15分くらいか?列車到着から特急通過まで16分!
急ぎ足で間に合うと思う!
でも悪いことに普通列車が少し遅れる。
あと12分しかない!ひぇー(@_@;)
国道をひたすら早足で…
「道の駅」には同好の氏が大勢…
挨拶もそこそこに場所を確保する。
私だけコンパクトカメラのようなデジカメをバッグから出す。
と、向こうからヘッドライトが見えた。
20000808-3072.jpg

何事も無かったように「道の駅」へ…
朝から何も食べていない。
もう11時だ、注文したのは蕎麦で…一杯飲んでしまった(^^ゞ

食べ終えてから一人ゆっくりと駅の方へ、帰りはノンビリ歩く。
折居駅の周布方のポイントへ移動する。
と、誰かが居る。
ほとんどの方が車の方で他県ナンバーが多いが品川ナンバーもいる。
3人ほどで満席のポイントは譲り合いの精神。

≫ 続きを読む

| 2000年 | 10:13 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

西の里(信号場)風景

2001年(H13)は職場のサークルや前職場の友人等と「札幌」での宴会が3回設定されました。
昨今、航空会社の格安運賃により東京から北海道まで1万円ポッキリで行くことができる。
これならちょっとした宴会旅行で近場の温泉地へ行くのと大差ない。
どうせ飲んで帰ってくるだけなら雄大な景色や旨いものを堪能できる北海道へと…
ついでにカメラも持って行き「鉄ちゃん」もと考えました。

西の里信号場は上野幌駅下車、北広島方面へバスで7~8分…
「椴山(とどやま)」と言うバス停から歩いて20分ほどらしい…

ネットのおかげで7:30にバスがある事を知った。
「カシオペア」を撮るにはそのバスに乗らなければなならない。
前夜の宴会もそこそこに終わり、今朝は普通の状態…これなら大丈夫だろ たぶん。
ホテルの窓からシトシトと雨が降っているのが見える。
北海道には梅雨が無いと言われるけれど、今日は梅雨のようなお天気・・・。

ホームに上がると711系が停車していた。
20010620-1011.jpg
6:31

札幌から普通列車で20分ほどの「上野幌」下車。
すぐに「スーパーおおぞら」が通過した。
20010620-1021.jpg

バス停から歩くこと15分ちょっと・・・着きました。
複線の千歳線にあって列車交換するわけでもなく珍しい信号場です。
ここでは特急などの高速列車が足の遅い普通列車等を追い越すためだけにある。
駅間距離の長い北海道ならではです。
20010620-1031.jpg

キハ281系「スーパー北斗」がもの凄いエキゾーストをあげて通過する。
20010620-1041.jpg

20010620-1051.jpg

20010620-1061.jpg

キハ183系「おおぞら3号」
当時のおおぞら号はキサロハ182と言う2階建てのグリーン車を連結していました。
1.階が普通個室、2階がグリーン席だった。
20010620-1071.jpg
現在は「おおぞら」号がすべて283系化されました。

≫ 続きを読む

| 2001年 | 09:05 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

西の里(信号場)風景…(Vol.2)

今回はデジカメ(PENTAX Ei‐200)のみでの撮影となる。
前回同様、上野幌駅ホームで撮影を開始する。
20010904-1011.jpg
9:56/北斗8号

目指す信号場は踏切を渡った左側…
20010904-1021.jpg

今回は2回目と言うこともあり、色々な角度で撮ってみた。
赤いラインは指定席の「Uシート」
20010904-1041.jpg
11:09

今日は出発が遅かったため「北斗星3号」からの撮影となった。
20010904-1031.jpg

普通列車を追い越す[スーパーおおぞら]
20010904-1051.jpg
11:14

20010904-1061.jpg
11:26

車体を大きく傾け上野幌駅を高速で通過する。
先頭車だけキハ283系が連結されていた。
20010904-1071.jpg
12:26/スーパー北斗12号

| 2001年 | 09:43 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

西の里(信号場)風景…(Vol.3)

2001年3回目の「北の台地」となる。
今回は前の職場の友人達との宴会旅行で1泊組と2泊組みがいる。
私は2泊組みで2泊3日の旅行代金は36300円。
これで往復の航空運賃と2泊朝食付きでホテルは東急イン…。

羽田で搭乗待ちの間にディズニー塗装のジャンボ機が待合室を横切る。
20011124-1011.jpg

今回の西の里信号場は同行の氏が居て“ハタ坊”である。
晴れ男なのだがちょいと空模様が危ない。
しかしホテルを出るときは雨だったから晴れ男サマ様である…ビニール傘も要らなくなった。

DF200の初期型はスカートが赤い。
20011124-1021.jpg

北斗星3号が轟音を立てて札幌を目指す。
20011124-1031.jpg

DF200牽引の貨物列車が多く、国産エンジンを積んだ50番代。
20011124-1041.jpg

731系の普通電車を追い抜いこす「スーパーおおぞら2号」。
普通列車はどこに停車するかわからなくて(停車位置目標が無い)…9月の時と違うし。
ハタ坊が構えている目の前に停車してしまった。
20011124-1051.jpg

特急「ライラック」から快速「エアポート」になって千歳線に直通する781系。
20011124-1061.jpg
しかし2002年(H14)3月改正で快速エアポートは130Km/h運転となりました。
そのため785系にその任を譲り、781系は撤退してます。

もう一つの空港連絡として活躍する721系…
「快速エアポート」として千歳線を快走する。
20011124-1071.jpg
中ほどの赤いラインは指定席のUシート車。

20011124-1081.jpg
日本初の交流電車711系もこの区間では珍しくなった。
製造初年は試作車が1967年(S42)で、量産車が1968年です。
先頭車は中間にデッキを設け3扉に改造されラッシュ時に威力を発揮している。

| 2001年 | 10:02 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤い電車といなばと白兎…名鉄編

昨年(2001年)、愛知県のAさんとネットで知り合いになりました。
メールのやり取りなどをしているうちに「キハ181を撮りに行きましょう!」と…
私は撮ったことのない「いなば」「スーパーはくと」が走行する智頭急行線・因美線…
帰りがけには二人とも興味のある北陸旧線を探索する計画になりました。
Aさんは何度か撮りに出かけていることもあり、撮影ポイントなども熟知しています。

旅行日は2002年3月14日に集合して17日まで車中1泊を含め3泊4日です。
Aさんも「魔界の水」がとても大好きらしいので楽しそうな旅行になりそうです。

勤務の都合から14日の夜に集合としました。
私は14日の日中は名鉄パノラマカー4連を2本併結したいわゆるP4重連を撮りたいなと…
平日は早朝のラッシュ時間帯に数本設定されています。
やはり夜行で移動するのが効率がよく「ムーンライトながら」にしょうかどうしようか…
選んだのが夜行高速バス「伊良湖ライナー」です。
東京八重洲口23:50発→豊橋5:30着で運賃は5000円
373系「ムーンライトながら」の座席よりリクライニング角度が大きく少しは寝られると思ったのですが…
やけに中途半端な角度…お隣の座席とやけに角度が違うぜ、壊れてんのか?
他に席は空いてねーしな…
寝たのか寝てないのかよくわからないうちに2箇所のSAで休憩しながら豊橋駅前に着きました。

豊橋駅もずいぶん大きな駅ビルとなりビックリ!
前に訪れたときは1979年(S54)の飯田線お召しですから浦島太郎状態です。
豊橋からは名鉄で名古屋入り…
名古屋までドリーム号で行くよりこちらのほうが安上がりなのでした(^^ゞ

向こうからやってくるのは青い機関車は工臨?
20020314-1011.jpg
6:21

降りた駅は新名古屋から二つ目の東枇杷島駅。
写真は7500系パノラマカーで1963年(S38)デビューの7000系の改良版。
20020314-1021.jpg
7:09

お目当てのP4重連が来ました!なんと元特急専用車の証、白帯車!
白帯編成は一般のパノラマカーと明確に区別するため座席の取替え等をして特急専用としていました。
しかし後継の1000系がデビューし次々と本線特急から引退し白帯も消されていきました。
白帯が残るのはわずか2編成となりこの編成に当たればラッキー!と言う感じです。
20020314-1031.jpg
東枇杷島駅
20020314-1041.jpg
迫力あるパノラマカーの併結。
7000系パノラマカーは1961年(S36)にデビュー。
鉄道友の会ブルーリボン賞も受賞している。
日本初の展望席を設け登場から40年以上も経った今も普通から急行までの運用をこなして活躍している。
運転士は車外から乗降し小田急とは異なっている。

今度は犬山線へ移動。もう一つのP4重連は犬山から各務ヶ原線・広見線へそれぞれ分割する運用です。
20020314-1051.jpg
犬山線/徳重駅

鉄道学校として有名な学校と同名の岩倉駅。
20020314-1061.jpg
8:05

名古屋市交通局鶴舞線の3050形で名鉄線犬山まで乗り入れています。
20020314-1071.jpg
8:04

≫ 続きを読む

| 2002年 | 13:12 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤い電車といなばと白兎…名鉄編(Vol.2)

犬山遊園駅に来ました。
ここでは徳重駅で撮ったP4重連のもう一つの片割れを撮るためです。
20020314-2011.jpg
犬山城や日本モンキーパーク、かつて鉄道・道路併用橋として有名だった犬山橋があります。
20020314-2021.jpg
モンキーパークにはこのモノレールで行きます。

1600系です。
20020314-2031.jpg
将来のスピードアップにも対応できるように130Km/hで運転できる性能を有している。
カーブにも高速で通過できるよう空気バネを利用した振子装置を導入している。

かつて鉄道・道路併用橋として有名だった犬山橋を渡るパノラマカー。
20020314-2041.jpg
現在は鉄道橋の横に道路橋が完成したため併用は解消された。

各務ヶ原線で岐阜に出て木曽川の右岸にある東笠松に来ました。
20020314-2051.jpg
木曽川橋梁の袂にあり桜の季節にはにぎわうところです。

20020314-2061.jpg
にぎやかな前面の7000系パノラマカー。
ヘッドライト横にある白い半円形の物はバンパーです。
設計当時は踏切りで衝突事故などが起きた場合に少しでも衝撃を和らげるために考えられたそうです。
20020314-2071.jpg
逆富士形の行先表示や種別表示が良く似合う。

行先の駅名や種別が省略されているのもあれば、省略しなくて英字表記のものもある。
20020314-2081.jpg
屋根についている円筒形のものは運転士さんの死角を解消するためについているスコープ。

≫ 続きを読む

| 2002年 | 15:29 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤い電車といなばと白兎…(Vol.3)

朝、携帯にセットしていた目覚ましが鳴る。
あれ、すでに現地に到着!いつのまに??
20020315-1011.jpg
山陽本線上郡~三石間の有名撮影地です。

Aさんいわく「よく寝ていましたよぉ」
「気が付かなかった…魔界ですな」
夜行バスでの移動、日中は名鉄線を行ったり来たりで疲れていたのか?

ネガカラ―で撮る限度を超えてます。
しかもヘッドライトを拾っちまった…ネガは真っ暗っす。
20020315-1021.jpg
スキャンした時にデジタル処理しました。

智頭急行線は陰陽連絡線ということもあり南北に走っているところが多い。
しかしこの区間は一部東西に走行する。
お天気が良ければ順光で撮れるところを地形図を見ながら探す。
と、そのとき私の携帯に連絡が…Aさんの自宅からだった。

訃報がはいる
Aさんはすまなそうに
「帰りたいのですが・・」。
すぐ帰りましょう、ココにはまた来ればいいでしょ。

「いなば」の通過時刻が迫り、ワンカットだけ撮った。
Aさんはそれどころではなく見送るだけである…撤収!
20020315-1031.jpg
宮本武蔵-石井

車の中でAさんが…
「もうすぐ下りも来ますよ、撮って行きましょう」
Aさんお薦めの場所へ。

20020315-1041.jpg
佐用-平福

Aさんは携帯を持っていなかったため公衆電話のある平福駅へ…
このカットを撮った頃Aさんが戻ってきた。
20020315-1051.jpg

車は名古屋に向けて…
Aさん「すみません」としきりに言うが…
「また撮影旅行の口実ができるから大丈夫ですよ、また行きましょう!」
名古屋駅前まで送ってもらい、Aさんとは次回の撮影旅行を約束して別れました。

| 2002年 | 13:31 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳥取アゲイン

前回の鳥取撮影旅行ではAさんに訃報があり、旅行途中で次回の約束をしてお別れしました。
Aさんとは勤務の都合で撮影旅行日程は中々思うように決まりません。
そんな折、私の休暇申し込みが運良く申請どおり決まりました。

今回は夕方から出発します。
やはり新幹線で行くのが手っ取り早く、素直に名古屋まで「ひかり」に乗るかどうするか?
近くのJTBにて「ぷらっとこだまプラン」なるものを宣伝してます…
20020520-1011.jpg
乗車列車は「こだま号」限定ながら新横浜~名古屋間は通常の普通指定より2250円も安いんです。
グリーン車なら3240円も安いのでありました。
それにワンドリンクが付いており、これを使う手はないんじゃね。
20020520-1021.jpg
ただしこのキップは主催旅行ということで、決められた改札口のみしか入出場できません。
途中乗車・下車、乗り越しなどの取り扱いもできません。
それに乗り遅れたら乗車券自体も使えず、自由席にも乗れません…なんだかなぁ
JRのキップとは違うと明記してあります。
もしも新横浜で乗り遅れたらイケないと思い、余裕時間をもって新横浜まで来ました。

20020520-1031.jpg
到着したのは100系[こだま477号]
ホーム売店で弁当・おつまみを買い、ドリンク引換券を渡して缶ビールを頂きました。

20020520-1041.jpg
通常の普通指定席で行くのとほぼ同じ料金と言うことでグリーン車のプランを選びました。
100系新幹線も近いうちに東海道区間から淘汰されそうなので2階建てグリーン車を連結している列車を。
一人掛けの14A席を希望したのですが生憎と席は埋まっていました。
階段を2階へ上がるとご覧のようにガラガラ・・・私の他には3人ほど。
希望した14A席にも当然…人が居る・(こいつか)

20020520-1051.jpg
さて時間もちょうど良くお弁当を広げます。
「横浜と言えばシウマイ・シウマイと言えば崎陽軒」と言うことで、焼売弁当とおつまみもシウマイ。
缶ビールは一本のみ。(他にも魔界液があることは言うまでもありません)
20020520-1061.jpg
さすがグリーン車…ゆったりしてます。
まわりにだぁーれも居ないので座席を向かい合わせにして足を投げ出す。
14A席の方は席を移動しています…なんだかなぁ~(ーー;)
名古屋には20:25に着きました。
「ひかり」に6本、「のぞみ」に2本追い越され…
新横浜を1時間後に出発した「ひかり」がもうすぐ名古屋に着く。

ホームにはAさんが出迎えていて恐縮しました。

続く

| 2002年 | 15:59 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳥取アゲイン…(Vol.2)

昨晩、名古屋駅前を出発し東名阪・名神・中国道を走りぬけ作用ICで高速を降り「道の駅平福」に到着。
長丁場を運転してきたAさんと乾杯!前回同様車内で仮眠しました。
(時刻が表示してあるのはコンデジ撮影です)

20020521-1061.jpg
5:49
明るくなると目が覚めてしまい近くを散歩・・
Aさんはコンロで湯を沸かしコーヒーをご馳走になる。
んまい!
20020521-1071.jpg
5:57/智頭急行「平福」駅

それにしても良い天気だ。
道の駅「平福」を出発し、次の石井駅までに撮影地を見つけながら走行する。
20020521-1081.jpg
石井-平福

今回のフィルムはリバーサルです。
20020521-1091.jpg
智頭急行HOTt500型。
HOTとは智頭急行が兵庫県・岡山県・鳥取県を走行していることから、その県名の頭文字を名付けました。

ちょうど田植えの時期と重なりトラクターで農作業中。
おじさんは私たちが列車を撮影していることを知ると邪魔にならないように避けてくださったのですが…
本音は絡めて撮りたかった。
20020521-1101.jpg
石井-宮本武蔵
20020521-1111.jpg

結構大きなエンジン音を残して[スーパーはくと2号]が高速で通過して行く。
20020521-1121.jpg
8:42

山々にこだまするエンジンのサウンド音が聞こえてきました。
前回の3月の時は線路の向こう側で撮った。
20020521-1131.jpg
石井-宮本武蔵/いなば2号
20020521-1141.jpg
8:54

次の宮本武蔵駅へ…ここは剣豪「宮本武蔵」が生まれた生家が近くにあるそうです。
20020521-1151.jpg

恋山形駅の裏の道を登り斜面に出た。
通過していくのは下り[いなば1号]の後追いとなる。
20020521-1161.jpg
智頭急行線は高速対応のため交換可能駅では一線スルーとなっている。
恋山形駅ホームから[スーパーはくと4号]を狙った。
駅の自動放送では「列車が高速で通過します」と繰り返し流れている。
ホンとに高速で通過する。(@_@;)
20020521-1171.jpg

これで午前の撮影は終了、午後は因美線に移動する。
Aさんはお弁当屋さん(ドライブイン)で釣具屋さんの場所を聞き、つり餌を仕入れる。

≫ 続きを読む

| 2002年 | 16:11 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳥取アゲイン…(Vol.3)

昨夜は居酒屋で少し飲みコンビニでつまみを少々買ってホテルで飲んだ。
好き物同士、鉄道談義に花が咲く。
また、明日の予定を話し合いながら二人とも魔界へと順調に入っていく。

早朝Aさんから「おはよう」コールを受ける。
何時に寝たのか覚えていないがすこぶる快調である。
お天気は曇っているが雨が降りそうな雰囲気ではない。
予報では午後から降ると言う。
泊~松崎間の撮影地へ向かい、ここではAさんからサンニッパをお借りし、私の80~200mmF2.8をお貸しした。
20020522-3011.jpg

キハ58系4両編成の先頭は鳥取フェア色だった。
20020522-3021.jpg

この地点でのメイン「出雲」が来た。
Aさんから1脚をお借りし構えた。
20020522-3031.jpg
だいぶ露出アンダーになってしまい、ソフトで修正しています。
20020522-3041.jpg

すぐに撤収!
次はキハ181系「はまかぜ」を狙います。
今日は「はまかぜ」が増結していて7両編成になっている。
播但線に向かう途中、有名な餘部鉄橋で撮る。
昔も今も変わらない鉄橋だが手前の木々が生長した。
1976年当時は長大編成の客車列車であったが、今はたった1両の気動車のみ。
20020522-3051.jpg

1D「はまかぜ」をどこで撮ろうかAさんと思案する。
撮影地でのカメラ等設定を考え少し「余裕時間がないとまずいし…」
以前、城崎~竹野間で撮ったことがあるしそこに行って見ようと言うことになる。が…
城崎温泉街を通り、町から外れたところにある築堤へ。
その土手にあがれる小道があったのだが…無い!ちょっと無理。
次の場所を探す。
めったに無い7両編成だから編成写真が撮れる所が良いと思うし…悩む。
とにかく車を走らせる。
通過時刻が迫り、Aさんが過去に行った場所があると言う…「そこへ行きましょう!」

草が少しうるさい感があるがそんなことは言っていられない…通過まで10分もない。
20020522-3061.jpg
豊岡~玄武洞
ヘッドマークは紙製?の物だった。
盗難にでもあったのだろうか?。
久しぶりに見たキハ181系の7両編成。
JR西日本色は覆面マスクを付けている感じにも見える。

≫ 続きを読む

| 2002年 | 17:23 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

北陸旧線跡散策…今庄~敦賀

朝、Aさんに「おはようコール」をする。
「おはようございますぅ」
「今、起きました…すぐ準備しまっす」
やっぱりAさん疲れてます。
そりゃ、ずぅーっと運転しているんですもん。
私はお腹の調子が悪いし…。
さて、JTBキャンブックスの「鉄道廃線跡の旅」と言う本で紹介されている北陸旧線跡へ向かう。
Aさんも初めてだと言う。

20020523-4011.jpg
8:15
車は北陸道「杉津SA」で停まる。
下り線SAの展望台からはくっきりと廃線跡が見える。
右手の方、山の中腹に向かって見えるのが旧線跡だ。
乗ったことは無いが当時は大パノラマが広がる車窓だったに違いない。
すぐ下には北陸道上り線の「杉津SA」がある。
そのSAは旧杉津駅跡に建設された。

今庄ICで降り、いよいよ旧線跡へと車を走らせる。
線路跡がそのまま道路となっている。
すると左側に何かホームのような跡がある。
「あれだ!」Aさんも一緒に声が出る。
車を降りて辺りを散策する。「大桐駅跡」の碑がある。
20020523-4021.jpg
裏に回ると「大桐駅」の経歴が記されてあった。
明治41年3月に信号所として設けられ後、地元の要望から停車場に昇格する。
貨物営業も行われていたときは旅客7本・貨物6本が発着していたそうである。
北陸トンネルと電化開業により新線が開通し、大桐駅は54年の歴史に幕を閉じたのであった。
20020523-4031.jpg
8:49

山中隧道に向かう途中、築堤が現れた。
そのまま道路となっているので、あたかも列車に乗っているかのような雰囲気になる。
当時は向こうからD51が客車を牽いて汽笛を鳴らして来たのだろう。
20020523-4041.jpg
8:53
いよいよ山中隧道である。
ここは信号所として往時は使われており少し構内が広い。
左側は少し暗くてわかりづらいがトンネルがありスイッチバックの引込み線だったようである。
さて本線のトンネルは直線であるが車1台すれ違えない。
入ったもの勝ちであり、スリルさえ覚える。

このような単線トンネルが数箇所あり、往時を偲ぶことが出来る。
路面は舗装されていて走行しやすい。
20020523-4071.jpg
9:07
山中隧道のレンガ積みポータルで、上部は崩れてきている。
また、内部は所々コンクリートで補強されてあった。
20020523-4061.jpg
9:18

見通しが悪いところはこのように信号が設けられ「待ち時間3分」とか…
長いトンネルでは「待ち時間5分」とか書かれている。
20020523-4081.jpg
9:18

北陸本線旧線の敦賀~今庄間に別れを告げ、お腹の調子も悪かったので敦賀駅に立ち寄る。
出すものを出せばまたお腹が減り「立ち食いそば」を食べる。
やはり旅に出ると駅の立ち食いそばが恋しくなる。

≫ 続きを読む

| 2002年 | 17:45 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

富士山と新幹線

今秋に東海道新幹線品川新駅が開業すると東海道新幹線からは100系が引退する。
富士山を絵に描くと必ずと言っていいほど7合目付近に雪のギザギザ等の線を描く。
そんな雪を頂いた富士山と100系との組み合わせは最後と思い職場のY君と出かけました。

4年前には0系と富士山を絡めて撮ろうと東田子の浦駅へ出かけましたが…
あいにくと雲に隠れていて姿を見せません…0系と富士山の絡みは撮れず終い。
20030107-101-1.jpg
小田原駅から撮影を開始した。
現在橋上駅舎工事の真っ最中で新しく生まれ変わろうとしている。
乗車列車は6:25発平塚発熱海行き211系5両編成。
20030107-102-1.jpg
小田原では後続の小田原止まりの列車を接続して発車のため6分停車する。
数人の乗換客を乗せて小田原を発車し早川~根府川間は相模灘を望む地点を走る。
もとより日が昇っていないので良くは分からないが雲が多い。
雲の間からオレンジ色が輝いている…
ロングシートで窓外を見ているために首が痛い。
20030107-103-1.jpg

熱海駅4番線6:48到着。
2分の接続で浜松行きがある。
しかし乗り換える浜松行きは階段を下りて向こうのホーム3番線から発車。
(-_-メ) なんだかなぁ
それに4番線の東京より階段はエスカレーター工事のために閉鎖中ですと案内放送が・・・。
電車は、その閉鎖中の階段の前に停車した Σ(゚д゚lll)ガーン
∟(´Д`;)¬=3=3=3=3
ホームの発車アナウンスが流れる中 乗換えは無事セーフ

だいぶ明るくなってきたが雲が多い。
沼津付近で富士の裾野が見えた。

Y君は一本後の323Mで来ると言う。
「富士山が裾しか見えないんだけど…」
「熱海駅に到着」と返信が来た。
20030107-104-1.jpg
7:23
20030107-105-1.jpg
今日は東田子の浦駅から富士山を望む新幹線撮影地へ40分位歩いて行くわけだが…
その前に371系の「ホームライナー」と「富士」を撮ってから向かおうと思っいる。
東田子の浦駅到着時の富士山の姿。
もう少しで富士山の全容が見えそう (^^)v

≫ 続きを読む

| 2003年 | 09:43 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

富士山と新幹線(Vol.2)

撮影場所に着いたんですけどね…富士山見えないんですけど
20030107-201-1.jpg
8:39

富士山が見えないのでどうしようもなく…少し線路に近づいた所で
20030107-202-1.jpg
9:18

祈りが通じたのか?晴れてきた。
20030107-203-1.jpg
9:41

20030107-204-1.jpg
9:46

富士山が見えましたよ!
20030107-205-1.jpg
10:19

20030107-206-1.jpg
10:39

100系が新富士を発車しているはずなの来ない…
来たと思ったら300系、車種変更したのかな?と思い撤収!岳南鉄道の駅へ歩き始めた。
もうすぐ新幹線をくぐる所で…100系がががが

≫続く

| 2003年 | 10:09 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

富士山と新幹線(Vol.3)

気を取り直して岳南鉄道須津駅へ歩く。
頭に入れてきた地図にはすぐ近くに須津駅がある・・・。
木の古ぼけた電柱が見え、近づいていくと果たして駅があった。
次の撮影地は富士川を渡るトラス鉄橋と富士山で下車駅はそのままずばり富士川駅。

岳南鉄道・須津(すど)駅。
カーブミラーに写る白マスクの怪しげな男は同行のY君。
20030107-301-1.jpg
Y君は岳南鉄道には好きな機関車があり、「岳南富士岡」が車庫だと言う。
次の電車は11:30発。
この電車で富士川を目指さないと100系を逃してしまう。
現在、11時15分…次の「岳南富士岡」まで歩いて行ってもそう遠くは無いが微妙なところである。
結局、車庫から出ていれば(撮れれば)下車しようと言うことになった。
20030107-302-1.jpg
吉原行きがきた。
電車は京王井の頭線3000系を購入し改造した8000形
愛称は「がくちゃん かぐや富士」でヘッドマークがついていた。
20030107-303-1.jpg
岳南富士岡駅では元東急5000形が留置されていたが、現在は運転されていない。
元京王井の頭線の3000系はワンハンドルマスコンに改造されていた。
20030107-304-1.jpg
Y君の好きなED40は車庫に入っていて撮影できなかったため下車せずに吉原へ向かう。
次の「比奈」駅では元・上田温泉電軌そして名鉄へと移籍し1970年にやってきたED501が現役で働いていた。
20030107-305-1.jpg
11:34
20030107-306-1.jpg

吉原で静岡行きに乗り換え富士川に向かいます。
20030107-307-1.jpg
11:49/吉原駅

≫続く

| 2003年 | 10:19 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

富士山と新幹線(Vol.4)

吉原駅の次はズバリ「富士」駅、ここから身延線が分岐している。
そして富士川を渡り、そのままの「富士川」駅に到着…
20030107-401-1.jpg
ここから新幹線の富士川鉄橋まで7~8分歩きます。

富士山が綺麗な姿を見せている。
三島~新富士間でもう少し粘ればよかったか?
20030107-405-1.jpg
12:39

これは上りでファインダーをのぞいていて最後部をうまくバランスよく収めるのが難しい。
このカメラのシャッタータイムラグは0.1秒です。
実際は先頭がもう一つ後ろのトラスの真ん中でシャッターを切ったのだが保存された画像はコレ。
20030107-402-1.jpg
12:48

これは下りで先頭が手前のトラスの真ん中でシャッターを切ったら…
20030107-403-1.jpg
12:49

先頭部が行きすぎちゃった…
20030107-404-1.jpg
13:25

富士川駅へ向かう跨線橋を歩いていると電車が行ってしまった、13:48発だった。
次は14:00発。
「腹減ったね」
「減りましたよー」
一日5食を食べるというY君はまだ、1食だけ。
駅本屋を撮るべく西口側に出て写真を撮っているとY君がにこやかに「向こうにコンビニがありました」
私はカレーパンとコロッケパン、Y君はカツカレーライスを買った。
14:00発の沼津行き3両編成に間に合ったが満席の上、ロングシート。
Y君はカツカレーを手に持って乗車。
次の富士駅で座れたけど「食べるのはちょっと…」
20030107-406-1.jpg
13:59/富士川駅

20030107-407-1.jpg
沼津からは東京行き15両編成。
ボックスシートに座って、Y君は満足そうに食べている。

20030107-408-1.jpg
腹が一杯になったのか?
それとも歩き疲れたのか、うつむいてしまったY君。

Y君は横浜へ帰るのだが、新しくできた海老名の鉄道模型屋さんへ行ってみたいと言う。
んじゃ小田急で一緒に帰りましょ。
海老名の模型屋さんへ寄って別れた。
後日、職場で会ったら「お腹空いたので横浜で立ち食いそばを食べて帰りましたー」
この日は1日3食だったようだ。

| 2003年 | 10:30 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

北陸特急街道へ

以前から噂されていた485系ボンネット車が今年中に無くなると言う。
1958年(S33)11月、東京~大阪間を結ぶ「こだま」でデビューした151系特急電車…
「こだま型」と言われるボンネットスタイルを確立した。
そのスタイルは特急電車のステータスとして交直流特急電車481系にも受け継がれる。
そんなボンネットが定期営業列車から無くなると言うのだ。
こりゃ撮らねばと言う事で、昨年辺りから撮影プランを立てる。

一昨年ネットで知り合った愛知県の「あまご」さんにご一緒しませんか?とお誘いする…
と、二つ返事で「行きましょう」と快くお返事を頂いた。
さぁそうなると日程の問題である。
お互いの休みの日をメールでやり取りする。
「あまご」さんも変則勤務が多く、調整が難しいが4月の16日・17日がちょうど同じ休みだった。決定!

撮影地は色々あるが先輩諸氏のサイトなどを参考にする。
昔なら雑誌の写真を見たり自分で列車に乗ってロケハンしながら、何Kmも歩いたものだった。
今回は特にed77901様にはお世話になりました。
北陸本線の南今庄~今庄~湯尾~南条~王子保がメイン撮影地となる。

20030415-1011.jpg
さて私は何で行こうかと思案する。
一日を有効に使うにはやはり夜行と言うことになるが「銀河」で乗り継いで行くと敦賀には7:06着。
一方、夜行バスだと敦賀ICには6:34着。
交通費は…JRは乗車券だけで敦賀まで7670円…
一方のバスは7500円でバスの勝ち!
20030415-1021.jpg
新宿新南口ハイウェイバス乗り場には大勢の人たちで賑わっている。
名古屋行き、仙台行きと次々に発車して行く。

「あまご」さんとは敦賀ICで合流する事になる。
ご実家が農家で、軽トラを借りてくると仰っている…軽トラで「鉄ちゃん」も渋いね。
さて「ドリーム福井号」福井行き23:59発、乗車券は2号車1番A席。
20030415-1031.jpg
23:56
1号車は福井鉄道のバスだった。
2号車はJRバス関東、VOLVOのエンブレムが光る。
指定された座席は運転席のすぐ後ろ、ちょっと足元が狭い気がするが…
リクライニング角度が大きく前回の夜行バスよりイイかも。
窓側席だがカーテンが閉まっている。
外を見たいのだが、無理っす。
今回はアイマスク、耳栓を着用して万全の体制をとる。
が、道路からの振動が微妙で寝にくい。
それに、足…短いけど置き場所に困る。

寝たような気もするが途中で休憩する2ヶ所のサービスエリアは覚えている。
20030416-1041.jpg
6:22
アイマスクを取って見るとカーテンの隙間から太陽の光が当たっている。
イイ天気!
どの辺を走っているのか見当がつかないが、バスの右側に太陽の光が当たっている…
って事は北へ進んでいる。
順調に走行中?しばらくしてまもなく敦賀ICと放送が…
降りたはいいが「あまご」さんはどこ?
バス停出口にはタクシーが2台停まっている。
その向こうに駐車場があり、声が…「あまご」さんだった。

本当に軽トラで来てる w(゚o゚)w オオー!

今庄ICを降りて福井方面へ走り、湯尾駅を過ぎるとすぐにゆるくカーブしている北陸本線が見えた。
教えて頂いた撮影地だ。
20030416-1051.jpg
7:11/3096レ

先客がいらっしゃいました。
一応ご挨拶に行きましたが人違い…他県ナンバーの軽トラで来る「鉄ちゃん」をどのように見られたかな?
20030416-1061.jpg
7:32/4004M

DiMAGE 7iiのTIFF画像の保存では連続撮影が出来ないのでコンデジでサイドを狙いました。
20030416-1071.jpg
7:32

特急の合間には格下げとなった419系がローカル輸送をこなしている。
20030416-1081.jpg
ラッシュ時間帯のためか30分の間に3本も通過して行った。

次は日本海4号のはずなのだが…来ない。
「あまご」さんと連絡をとり「日本海」を撮ってから次の場所へ移動しましょうと話す。
20030416-1091.jpg
軽トラの荷台を入れて撮ったけど中途半端になってしまいました。
「あまご」さんは踏切付近からサンニッパで狙ってます。

20030416-1101.jpg
8:19

20030416-1111.jpg
8:38

移動します。

≫ 続きを読む

| 2003年 | 08:12 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

北陸特急街道へ…(Vol.2)

そばも食べたし、さて南今庄へ
昨年、鳥取撮影行(鳥取アゲィン)の帰りに北陸本線の旧線跡をたどりました。
南今庄駅への道はお互いわかっていましたが、踏切通行止めで今庄駅から迂回する事に…

20030416-3011.jpg
12:10/4015M

南今庄駅の上りホーム端から…
20030416-3021.jpg
12:15/224M

「あまご」さんは、もう一つの趣味である「釣り」へ出かける。
20030416-3031.jpg
12:18/141M

20030416-3041.jpg
12:45/4017M

20030416-3051.jpg
12:50/33M

今度は北陸トンネルの出口付近へ移動する。
20030416-3061.jpg
12:53/141M

≫ 続きを読む

| 2003年 | 09:53 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

北陸特急街道へ…(Vol.3)

今宵は福井で美味しいお酒が待っている。
お互いそれが半分目的でもある。

午前中に撮った南条~王子保間の王子保寄りへ向かう…
遠くに雪山が見えたのでそれをバックに撮れないかなと思っていた。
20030416-3131.jpg
14:58/4028M

20030416-3141.jpg
15:00

次の485系まで時間が無い。
桜も絡めて撮りたい…走る走る軽トラが走る。
この場所は通過の1分前に見つけた。
20030416-3151.jpg
15:21/4030M

今日の撮影は終了!福井市内へ…
福井市内を走る福井鉄道を車の中から…連接車のモハ200
20030416-3161.jpg
16:13

ホテルにチェックインしてから町へ出る。
とりあえず駅へ向かう。
駅へ向かう途中で「娘食堂」なる食事処を発見!
ん~入ってみたい気もするが昔の娘さんが出てきそう…
20030416-3171.jpg
17:31

20030416-3181.jpg
17:46

福井で美味しいお酒とつまみが置いてあるお店「梅吉」にて
この店は二件目…
20030416-3191.jpg
19:15
20030416-3201.jpg
ご夫婦お二人でお店をやっていらっしゃるそうです…
メニューに合うお酒をご主人が選んだお酒がまた良く合う。
私は焼酎「兼八」を4合瓶で、あまごさんは純米吟醸「福千歳」を…
他にお客さんが居ないのをいいことに、綺麗な奥様とお互いにツーショット(^^ゞ
時間の経つのも忘れ、ご主人もご一緒に4人で記念写真を撮った。
20030416-3211.jpg
21:42

このお店に長時間お邪魔しました…
会計は二人で9000円くらいとのこと。
あれだけ美味しいお酒とつまみと綺麗な奥様やご主人とお話して一人4500円は安すぎる。
また福井へ行ったら寄ろうと思う。

続く

| 2003年 | 11:50 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

北陸特急街道へ…(Vol.4)

翌朝は、昨日の事はさっぱり忘れてて…・
と、言うのがいつものパターンだが今日は違う。
鮮明ではないが覚えている…焼酎は「兼八」 ほら覚えている。
だが「あまご」さんは頭痛がするらしい…
私も寝不足ではあるが辛いと言うほどではない。
20030417-4011.jpg
7:05

「あまご」さんは車から降りたもののカメラを構える様子もない…ダメらしい。
20030417-4021.jpg
気持ち悪くなって箱の中へ入ってしまった「あまご」さん…嘘です。
20030417-4031.jpg
ホントは車の中で寝ています。

今日の「日本海4号」は定時にやってきた。
20030417-4041.jpg
7:13/1004レ

またサンダーバードが来たと思っていたのだが…
家に帰って画像を整理しながら調べたら、唯一の福井発着「はくたか」だった。
20030417-4051.jpg
7:42/1005M

ボンネット編成が来た。
と、言っても金沢方にボンネットを連結しているA08編成だった。
20030417-4061.jpg
7:48/4008M

20030417-4071.jpg
7:56/328M

次は、昨日と同じところで狙おうかと…今日はあと2本のボンネット編成が来る。

≫ 続きを読む

| 2003年 | 13:01 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

北陸特急街道へ…(Vol.5)

最後の撮影地は・・・
今庄から南今庄へ向かう途中に線路をくぐる所があった。
これをくぐるとどうなるか?軽トラでなければ通れないような狭い道…
駅の裏手のスキー場?へ続いている。

20030417-5011.jpg
11:07/4018M

20030417-5021.jpg
11:10/3560レ

今回の撮影でこの「しらさぎ」をまともに編成でとらえたものは無かった。
この485系「しらさぎ」も、6月には683系に置き換わる事がJR西日本から発表された。
20030417-5031.jpg
11:25/6M

20030417-5041.jpg
11:43/4013M

2003年(H15)6月にはすべての「しらさぎ」が683系になる。
「サンダーバード」用とは違い窓下のラインにオレンジのラインが1本加わっている。
20030417-5051.jpg
11:50/5M

同じ写真ばかりではつまらないので付近を散策する。
遠くから見えた白い花に近づいてみたけれど、画像にするとあまり映えなかった。
20030417-5061.jpg
12:12/4015M

20030417-5071.jpg
12:15/224M

20030417-5081.jpg
12:19/141M

撮影計画ではここで14時半頃まで撮る予定ではある。
しかし待っていても国鉄特急色の特急は1本の「加越」しかない。
あと2時間いても上り列車は681か683系ばかりである。

寝不足もあり、身から出たさびではないが呑み疲れでもある。
「あまご」さんもこれから長躯、家まで運転しなければならない。
最初の計画とは違うけどこれで撤収したいと思う。
「あまご」さんは快く承諾してくれた。
20030417-5091.jpg
12:25/40M

≫ 続きを読む

| 2003年 | 13:09 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

江ノ電と鎌倉ハイキング

6月、紫陽花の季節でもある。
紫陽花と言えば箱根登山鉄道や京王井の頭沿線、そして江ノ電も有名…
そして115系のスカ色が週末になるとホリデー快速となって鎌倉へ行き来している。
横須賀線からスカ色が走らなくなって久しく、記録がてら撮影プランを立てた。

相模大野で江ノ島・鎌倉フリーきっぷを購入。
往復960円で藤沢から片瀬江ノ島、そして江ノ電が乗り放題のきっぷです。
20030621-101-1.jpg
6:36/相模大野駅

江ノ電は藤沢駅前のデパートの中にあり、ちょうどレトロ電車が到着した。
20030621-102-1.jpg
7:10/藤沢駅
20030621-103-1.jpg
外装が100年ほど前のヨーロッパの路面電車を彷彿とする、レトロ調の10形。
1997年に登場した。

ロケハンしながら沿線を眺める。
江ノ島駅を過ぎ、海を絡めて写真を撮れる「鎌倉高校前」駅で降りた。
駅前にはサーフボードを運べるように車体にステイが付いたサーファーのスクーターがたくさん。
20030621-104-1.jpg
7:42

遠くに江ノ島を望み、サーファーの横をグッドデザイン商品に選定された2000形が行く。
20030621-105-1.jpg
7:51

さて、また電車に乗ってロケハン…

≫ 続きを読む

| 2003年 | 15:44 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

江ノ電と鎌倉ハイキング(Vol.2)

鎌倉からひと駅の北鎌倉へ
横須賀線にはおなじみとなったE217系…
20030621-109-1.jpg
8:55/北鎌倉駅

昔、使用していたのであろうか?駅名表が飾ってあった。
「関東の駅100選認定駅」とあった。
20030621-110-1.jpg
8:57

自宅で撮影地を検討してきた…北鎌倉駅から大船よりに踏切がある。
そこで撮ろうと思うのだが、しばらく歩くと右に踏切が見えたので行ってみる。
20030621-112-1.jpg
9:05

踏切に来たのは良いが「なんだかなぁ」である。
線路に沿って道がある…駅方向へ歩くと洞窟のようなトンネルのような場所があった。
20030621-113-1.jpg
9:18

結局、北鎌倉のホーム撮りで…
20030621-114-1.jpg
9:40

20030621-115-1.jpg
9:52

ヘッドマークが付いてない。
20030621-116-1.jpg
9:56
20030621-116-2.jpg
6両編成にこんなに乗っていたのかと言うくらいにお客さんが降りた。
向こうから横浜線直通の205系が回送されてきた。
20030621-117-1.jpg

お目当てを撮ったので今度はこの115系の回送を撮るべく移動する。

≫ 続きを読む

| 2003年 | 15:57 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

江ノ電と鎌倉ハイキング(Vol.3)

どこでどう間違えたんだ!いいのか?この道で?…
ハイカーが大勢歩いている…
まっ、ハイキングとしては間違えてないけど…どう考えても間違えてるぞ。
20030621-201-1.jpg
10:47

なんか広いところに出た…振り返るとこの看板が。
20030621-202-1.jpg
とにかく鎌倉へ行かなきゃ・・・「ぶらり鎌倉号」の回送なら撮れるかな?

なんか下の方で踏切の音が聞こえる…う~ん、この下だな。
20030621-203-1.jpg
♪遠くで汽笛を聞きながらぁ~ 汗だらだらで坂を下る。

銭洗い弁天様の入口に出た。
ここから鎌倉駅へは…大昔来た事が歩けどな、道なんか忘れちゃってるし…
20030621-204-1.jpg
10:58

「←鎌倉駅」と言う案内看板があった…当然左折。
時計を見る・・・時間が無い。

≫ 続きを読む

| 2003年 | 16:20 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

江ノ電と鎌倉ハイキング(Vol.4)

鎌倉からラッシュ時並みの電車に乗って極楽寺へ…
でも、長谷駅でほとんどの人が降りてしまいました。
20030621-208-2.jpg
11:44

長谷駅よりのトンネル付近に紫陽花が咲いているのを今朝見ておいた。
暑いので干からびてるようにも…
20030621-209-1.jpg
12:05

次のカメラマンも待機してるので交代で撮った。
20030621-210-1.jpg
12:05

長谷駅へ歩き、次は江ノ島へ向かう。
20030621-211-1.jpg
12:17

腰越を過ぎると併用軌道を走る。
20030621-212-1.jpg
12:34

≫ 続きを読む

| 2003年 | 16:32 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

[つばめ]から[北海]へ

職場の有志仲間と宴会旅行の日程や場所について、問い合わせがあった。
場所は「札幌」だと決めていたが日程はどうするか…費用については毎月積み立てている。
ならば航空運賃が安いバーゲン運賃設定日を選び、9月の初旬と言うことで…
バーゲン運賃は2ヶ月前の予約日に予約し、搭乗便変更や払い戻し等に制限があるけど…
日本全国片道14000円以下で購入できる。
単純に羽田~千歳往復しても20000円である。

それならば宴会前にちょっと行きたいところがある。
来春の九州新幹線開業で[つばめ]や[なは]が走らなくなる鹿児島本線・薩摩大川~西方間へ行ってみたい…
航空プランは羽田→鹿児島、福岡→千歳、千歳→羽田をチケットレス利用で3区間29300円。
わずか10000円の追加で九州へ出かけられる。

有志旅行の宴会日は9月1日と決定され、福岡→千歳の直行便が少なくプランに影響を与え難儀する…
仲間には宴会に遅れることを了承してもらった。
20030831-1011.jpg
8月31日(日)の勤務が夜勤明けで、即行で帰宅して羽田13:00発に間に合うように家を出る。
自宅の相模原からは横浜線利用で横浜乗換で京急線が便利である。
京急は先の改正で横浜方面から羽田空港行き直行列車を日中20分おきに発車させている。
以前は京急蒲田で乗換を強いられていたから、大きい荷物がある時は町田から空港直行バスを利用していた。
しかしながらバスは道路事情により大幅に遅れることもあり、時間に余裕を持たなくてはならなかった。

羽田空港には12:13到着、鹿児島空港行きは13:00発である。
夏休み最後の日曜日と言うこともあって少し混雑していた。
20030831-1021.jpg
明日の宴会旅行に参加する仲間が荷物を預けるために、あと5分ほどで空港に到着するとメールがあった。

彼は明日の午前中の便なのだが、ラッシュ時に大きい荷物を担いで空港に行くのは嫌なんだって…
かえってめんどくさくないのかなと思った。
でも、確かにラッシュ時に大きい荷物を持ち歩くのは嫌だな。

一杯飲みますかと誘われるが搭乗まで時間が無いので…(あと30分)
明日の晩に会おうと断った。
鹿児島空港行きJAS577便の機材はボーイング777(レインボーセブン)同型機が横に居たので撮ってみた。
20030831-1031.jpg
座席は「17A」でちょうど翼の上。
このレインボーセブンには前方の3番から7番は旧レインボーシートでプラス1000円で
スーパーシート並みの座席で非常にゆったりしたクラスがある。
しかしJALとの経営統合でレインボークラスが廃止された。
しかし搭乗してみるとまだ座席はまだそのままであった。
これはJRで言うグリーン車の一般席開放のようなものである。
札幌から帰りの便はレインボーセブンで座席は「5A」…これは期待できる。
定刻13:00にプッシュバック開始。

JASのレインボーセブンには全席パーソナルモニターが設置してある。
現在位置やニュース、アニメ、機材によってはゲームが出来るものもあり退屈しない。
20030831-1041.jpg
もっとも私の場合は晴れていれば機外を見ている。
鉄道と同じように窓側を予約してしまう。

機長のアナウンスがあり「紀伊半島上空を13:57頃通過して
目的地、鹿児島空港には14:45に到着します」と、ルート説明や気流の状態など細かく説明を受けた。
窓外に桜島が見えた。
20030831-1051.jpg
14:34


空港から15:00発、出水・阿久根行きの連絡バスに乗るが、乗客は少ない。
出水には16:20に到着予定。
目指す西方(にしかた)方面は16:26発に乗車予定で計画している。
この電車に乗れなくても16:36発の特急でもこの普通電車に乗れるので良しとしているが…
しかも出水駅16:26発の電車はネットで運用を調べていると…
この日は475系国鉄急行色の編成番号Gk-5…何としても乗りたい(撮りたい)。

このバスは途中で宮之城バスセンターを経由する…
昔「宮之城線」と言う路線があった。
川内と薩摩大口を結んでいたのだが。どこかに痕跡が無いものかと探っていた。
途中に「佐志駅前」と言うバス停があった。
どこかに駅があるはずと…辺りを見渡すとホームの跡があった。
一瞬で通り過ぎてしまったが間違いないと思う。

出水バスセンターに16:20に着く。
運転士さんに「駅はここで降りるのですか?」と、尋ねると…
「次です」と。
新幹線開業で駅前大改造中の出水駅には16:24到着!。
ホームにGk-5編成が見えた…発車まであと2分。
急いで西方まで630円のキップを買い、改札口で差し出すと「どこ行くの?」と尋ねられる。
「西方!」と言うと「橋を渡って向こう側1番線」と案内された。
20030831-1061.jpg
16:25

≫ 続きを読む

| 2003年 | 14:43 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

[つばめ]から[北海]へ…(Vol.2)

駅前の国道を右に歩き7~8分で歩いたところで左の細い旧道に入る。
駅前には何も無く、喉が渇くが自動販売機すらない。
少し先の右側に自動精米販売機の横に飲み物自販機があった…
120円入れるが缶が出ない…(゚□゚*)ナニーッ!!

撮影地着…
おじさんが車でやってきた。挨拶を交わすと貨物列車を撮るのだと言う。
20030831-2021.jpg
17:45/460M

「あと5分くらいで来ますね」と、話していると…
おじさんは「上りの信号を確認してくる」と、言って場所を少し離れた。
と、「あっ、来た」
20030831-2031.jpg
17:50/1082レ

20030831-2041.jpg
18:03

西方駅18:41発の西鹿児島行きで、ホテルがある川内駅へ向かう。
20030831-2051.jpg
18:40
20030831-2061.jpg
車内にて川内までのキップを買う。
20030831-2071.jpg

≫ 続きを読む

| 2003年 | 15:08 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

[つばめ]から[北海]へ…(Vol.3)

昨夜は道に迷いながらも無事ホテルに戻れた…
2時間くらい呑んでいたかな?たぶん。
会社の友達に「火星が見えるぞ」とメールしたら「何個見える?」と返信が来た。

翌朝は5時に起床してシャワーを浴び目を覚ます。
駅近くにコンビニがあり、朝食としておにぎり2個と飲料水を大量に買い込む。
今日も暑くなりそうだ。
20030901-3011.jpg
5:42

20030901-3021.jpg
川内6:02発の八代行きは717系2両編成だった。
すでに先ほど買った水のペットボトル500mlを飲んでしまった。
からだが水を欲しがっている。

西方駅6:20到着…
歩いている途中で食料の入ったコンビニ袋が無いのに気付いた。
あ!忘れたー _| ̄|0

撮影地到着…ファンが一人居た。
うしろの斜面にあるお立ち台に上がり構えて見た。
昨日「ここがいいな」と思っていた所でもある。
しかしアングルに人が入ってしまうかなーと…
入った。
20030901-3031.jpg
6:46

20030901-3041.jpg
7:13

線路にも日が当たり始め周りには同好の氏が集まり始めた。
20030901-3051.jpg
8:29/424M

今日も暑い。
バックだけを自分の構える場所において、日陰に入って列車を待つことにした。

撮影の合間には高校時代の友人とメールのやり取りをしていた。
583系「有明」は来たか?とか急行「桜島」が来ないなどと遊んでいた。
このやり取りは、懐かしの列車が登場して面白かったな。

会社の先輩にもC61の20系が来ないとメールしたら…
ボイラー点検でC61は運休などと大ノリで返信が来た。

この「つばめ6号」が次の薩摩大川駅で「なは」と交換してくる…
20030901-3061.jpg
9:14
「なは」通過時刻が迫ってくると結構な人が集まっている。
平日なのに12~3人くらいは居るだろうか?。

向こうから「ダダンガシャンダダン」と機関車がジョイントを刻む音が聞こえた。
緊張が走り慎重にシャッターに指を置く。

職場の友人から…
「なは」のヘッドマークは盗難のため毎日付けていないとの連絡があった。
今日は付いててよかった。
20030901-3071.jpg
9:21

撤収!
でもあと20分くらいで下り普通電車が来る。
西方駅10:03発に乗ればよいのだから十分に余裕がある。
20030901-3081.jpg
9:41/2425M

≫ 続きを読む

| 2003年 | 15:20 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

[つばめ]から[北海]へ…(Vol.4)

このまま「つばめ」号で博多、そして福岡空港へ行けばよいのだが…
飛行機の出発まで時間があることから大牟田で下車。
乗ったことの無い西鉄電車で福岡を目指す計画を立てた。
20030901-4011.jpg
それに、このほうが交通費がいくらか安いんです(^^ゞ

西鉄特急といえば前面展望ができ特急料金不要の特急車がある。
当然一番前に歩いて行くが、一人怪しい…
20030901-4021.jpg
12:36

でもピンクのシャツの人はドアの近くに座った。
てことで前面かぶりつき…
20030901-4031.jpg
12:55

大牟田を出発したときは複線だったのに途中から単線に…
大手私鉄の本線が単線なんて珍しい。
20030901-4041.jpg
12:58

福岡(天神)には13:52到着、地下鉄で福岡空港へ向かう…
市営地下鉄開業当時からの1000形
20030901-4051.jpg
14:12

チェックインを済ませ、お土産品を買うために売店へ急ぐ。
色々物色するがどこへ行っても「明太子」…ま、名産だからね。
明太子、明太キムチ、からしレンコン、お店の人に薦められたフグの一夜干し…
他、お菓子を買い宅配便で送る。

20030901-4061.jpg
14:29

これから搭乗するJAS885便 MD-81
20030901-4071.jpg
福岡空港離発着の混雑から、10分遅れて北の大地へ向けてテイクオフ!

≫ 続きを読む

| 2003年 | 16:50 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

[つばめ]から[北海]へ…(Vol.5)

起きたのが9時半…
朝食時間も終わっていた時間でした。
今日は自由行動なのでどうしようかと考え、各自ホテルがバラバラなので一斉メールを出すと…
一人はパチンコ、一人は競馬場に行くという。
仕方ないのでシャワーを浴びてから近くの店で朝食を食べながら考えたのが小樽へ行こう!駅まで歩いて行く。
20030902-5041.jpg
12:09

競馬場へ行った後輩からナイター競馬なので昼はやっていないと言う。
「じゃ、小樽で寿司でもつまんで飲もうか?」と、言う事で合流することに。
札幌駅で「鉄ちゃん」をしながら小樽行きを待つ。
「スーパー北斗」と釧路からの「スーパーおおぞら」が並んでいた。
構内はエンジン音で構内放送も聞き取れないほどだ。
20030902-5051.jpg
12:14発の「エアポート快速」が座れないので一本見送り…
12:23発「区間快速いしかりライナー」に乗る。
札幌発車時点では9分の差でしかないのだが、小樽到着時点では19分の差がある。
後輩からはそのエアポート快速に乗ったと・・・(~_~;)
待たせてゴメンm(__)m
20030902-5061.jpg
12:19

小樽駅開業100周年記念事業の一環…
故石原裕次郎さんが幼少の頃は小樽で過ごしたということから
4番ホームを「裕次郎ホーム」と名づけ、ホームには等身大パネルが置かれていました。
20030902-5071.jpg
小樽では寿司屋通りで後輩お薦めのお店で美味しいお寿司を堪能し小樽ワインを飲んだ…
さて、次はどこへ行こうかと…
確か、交通博物館があったはずだと思い尋ねると、バスで10分ほどだそうだ。

≫ 続きを読む

| 2003年 | 16:51 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

よりみち日誌(東急桜木町駅編)

東急東横線の横浜~桜木町間の廃止があと3日と迫った。
昨年12月に桜木町行きの電車は撮ったけど高島町から桜木町までの高架下に書かれてあるアート?と絡めて撮ってみたかった。
いたずら書きは許されるものではないが、あそこまでアート調に書かれてあると不思議と容認さえしたくなる。
いい加減なものだと自分でも思う。

桜木町と言えば日本で最初に鉄道が開通した新橋(汐留)~横浜(桜木町)の終点である。
鉄道発祥の地「汐留」の旧新橋停車場が再現されており0マイル標識でも見てから新橋から乗るかな…
と、考えたけど東海道本線に敬意を表し東京駅から乗車する。
って言うか、座って行きたかったし(^^ゞ

8番線ホームに上がると113系が当たり前のようにドアを開けている。
20040128-101-1.jpg
この113系も東海道線用のE231系が登場すると淘汰される運命。
すでにE231系は1編成が落成されている。
素直に横浜へ行こうと思ったけど、この113系を新子安で撮ってから桜木町へ行くことにする。
20040128-102-1.jpg
10:01
川崎で京浜東北線に乗り換えて「新子安駅」に向かう。
20040128-103-1.jpg
10:20/川崎駅
20040128-104-1.jpg
鶴見付近で入換用のDE10を追い越した。
20040128-105-1.jpg

20040128-106-1.jpg
10:45/新子安駅

横浜を11:07に発車する「さくら・はやぶさ」を撮ってから横浜へ行こうと考えた。
「さくら・はやぶさ」は横浜を発車していて、まもなく来る頃であるが…
京浜東北線南浦和行きが来るのが見えた。
と、後を追うようにロクロクがぁ…撮れなかった 
ま いっか。

20040128-107-1.jpg
別にブルトレを狙っていたなんてそぶりを見せないまま、大船行きを待っていたかのように乗る。

≫ 続きを読む

| 2004年 | 09:07 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

よりみち日誌(東急桜木町駅編…Vol.2)

すぐに高島町の駅に着く。
駅周辺にカメラを持った人、大勢…ケータイで撮る人もたくさんいましたよ。
20040128-202-1.jpg
11:42

20040128-203-1.jpg
高架下へ行くと薄暗く、店舗は皆閉まっており行き交う人はファンのみ…。

桜木町へ向かう途中に「自転車博物館」があり、ウィンドウに反射する東横線を撮ってみた。
20040128-204-1.jpg
12:08
20040128-205-1.jpg
クラシックな自転車から最新鋭の自転車までが飾ってある。

桜木町駅寄り付近にはアニメのフィギュアが飾ってあるウィンドウもあった。
20040128-206-1.jpg
12:33

横浜ランドマークタワーと一緒のフレームに収まるのもあと2日と迫る。
20040128-207-1.jpg
12:35

≫ 続きを読む

| 2004年 | 09:24 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

75桜オフ会

以前からED75と桜を絡めて撮りたいと思って計画してました。
ネットで知り会った“ed77901”さん、“水神様か?”さん、“大明神”さん、“すみだや”さん、“どん行列車”さんとのオフ会となりました。

今日の予定は藤田~貝田間で撮ります。
東京6:28発の山形・新庄行き「つばさ101号」で福島まで乗り、在来線に乗り換えます。
20040410-1011.jpg
小田急の始発電車は乗客もまばらでした。

新宿で中央線へ乗り換え東京駅には6時過ぎに到着。
6:15頃「つばさ101号」が入線してきました。
20040410-1021.jpg
売店で、朝食となる「あなご押し寿司」飲み物を購入。
“どん行列車”さんと乗り込みます。
20040410-1031.jpg
ちょっと飲み物が多いようですが隣席の「どん行列車」さんのもあります。
東京駅では3割程度しか座席が埋まりませんでしたが上野、大宮と停車するとほぼ満席…
大宮から福島までの1時間あまりは“どん行列車”さんと昔話に終始する。
話は尽きないが、飲み物が尽きてしまった。
さっき車販が通り過ぎましたが…欲しいときにはなかなか来ない。

郡山を通過して、福島まで15分足らず…
そんな時に車内販売のワゴンが登場!
もうすぐ降りると言うのに缶酎を買う。

20040410-1041.jpg
福島で在来線ホームに降りて8:09発2121Mで藤田へ向かう。

缶酎を持ったままホームをうろつく…
“すみだや”さんがいらっしゃるはずだ。
20040410-1051.jpg
ホームの仙台寄りに“すみだや”さんを見つけた…“大明神”さんもいらっしゃった。

“ed77901”さんは前泊していて、今朝から“水神様か?”さんと撮影地をまわっている。
藤田~貝田間のどこかでお会いしましょうと言うことになっている。
20040410-1061.jpg
藤田駅には8:25到着…駅前の桜は満開だった。
“大明神”さんは貝田駅でさんと“水神様か?”待ち合わせていると言うので2121Mに乗って行く。

この駅で降りたのには理由があって、今日は583系の「お花見白虎号」が運転されていて、9時過ぎに通過する。
15分ほど歩いた場所に撮影ポイントがあるのでちょうど良い。

ポイントへ向かう途中で下り貨物列車が通過していった。
そして歩いている途中で貝田付近で撮影している“大明神”さんから[EH500-901]だったと連絡が入った。
20040410-1071.jpg
9:06/9143M
「お花見白虎号」と言うくらいだからヘッドマークも違うものが用意されているものと思ったけど…
ただの「白虎」であった。

20040410-1081.jpg
9:19/3573M

20040410-1091.jpg
9:27/2076レ
このポイントへ来る途中に東北道の向こう側にまるで壁のような急な坂道を見つけた…

≫ 続きを読む

| 2004年 | 09:26 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

75桜オフ会…(Vol.2)

S字の勾配区間を行く撮影ポイントに案内してもらう。
桃の花も3分咲きくらいだろうか?
さて、お花見である…
買出し部隊から連絡があり、冷奴セットが無いと言う。
それならばと「豆腐と醤油を買ってきて」と言ってみる。

買出し部隊が帰ってきた…
缶酎につまみ類ほかお弁当におにぎりにサンドイッチに豆腐もある。
ん~言ってみるもんだわ(^^♪
話していると貨物列車が来るので土手を登る。
20040410-2011.jpg
11:39/3054レ
20040410-2021.jpg

お昼過ぎにのED75牽引の貨物列車が集中する。
お花見はそれから…。
20040410-2031.jpg
12:05/4085レ

続行してくる3085レも「白+白」コンビでした…
原色機が先頭で来る写真が撮れないなぁ。
20040410-2041.jpg
12:14/3085レ

20040410-2051.jpg
12:29/3582M

さてレジャーシートを敷いて“桜75オフ会”の宴会の始まりです…
と、言ってもお昼ご飯ですけど。
20040410-2061.jpg
しかし、このような所で冷奴食べたのは初めてでした。
できれば薬味が欲しいぃ^_^;

EH500独特のモーター音が聞こえ
「金ちゃんだからな…」
「行っちゃったぁ~…」
なんて言いながら飲んでました。

昼飯タイムも終わり貝田駅側に移動する…
だらだらと上り坂が続き、暑さもあって疲れます。

≫ 続きを読む

| 2004年 | 10:50 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

75桜オフ会…(Vol.3)

さて、昨夜は何時に解散したか覚えてないです…(汗)

携帯のアラームが鳴る前に目が覚めた…6時前だった。
集合は…何時だったっけ?
仙台発7:04の電車に乗る予定を撮影会出発前に計画している。
てことは…6時半頃ホテルを出れば余裕で間に合う。
ホテルのロビーに集まるんだったっけ?
ん…覚えてないんですけど。
6時半前にお隣の部屋の“すみだや”さんに電話してみた。
そうしたら7:04発の電車に集合することで、昨夜決定したそうですって。(^^ゞ
「朝食を買う都合があるからホテルを出ましょうか?」
了解です。

駅へ向かう途中、沿線でカメラを構えていた人がいた。
何が来るんだろ…
「北斗星」じゃないですかね。
「それじゃ僕たちも駅で撮れますね」

仙台6:49発の「北斗星4号」が4番線に入ってきた。
20040411-3011.jpg
6:50

当初の予定では槻木で降りて蔵王連峰バックで撮影予定だった。
しかしあいにくの曇り空で蔵王もくっきり見えない。
昨晩“大明神”さんへのお神酒が足りなかったかな?
自作ダイヤを見ながら思案する。
私は行ったことの無い「越河~白石」間の撮影地へ行こうと考えた。

大河原~船岡の沿線撮影地は満員御礼状態。
電車も満開の桜を見物できるようにサービス徐行してくれた。

撮影地は駅から徒歩2~30分程だろうか?
583系「お花見白虎号」は、およそ1時間後に通過するので余裕がある。
20040411-3021.jpg
8:03/越河駅

定番撮影地には、およそ30分で着いた。
「品川」「相模」「足立」等々、首都圏からの車が…
お立ち台には三脚が数本セットされている。
20040411-3031.jpg
8:38/574M

右を見ると沼が広がっていて「馬牛沼」と言うのだそうだ。
9世紀の初めの頃「坂上田村麻呂」の馬が沼に落ちて馬入沼と言われたことや…
沼の中州が馬の形をしているので馬形(ばぎょう)沼とも…
また、馬頭牛体の怪物が住んでいるから馬牛沼との言い伝えもあるそうです。

定番過ぎて面白くないけどワンカットは抑えておきたい。
20040411-3041.jpg
8:59/9134M

すぐに下りのED75の貨物列車が来るはずで、線路脇に下りて見た…
遠くに列車の音が聞こえたような気が…
レンズを付け替えている時間もないので…撮る。
20040411-3051.jpg
9:01/4081レ

≫ 続きを読む

| 2004年 | 12:34 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

75桜オフ会…(Vol.4)

東白石~北白川の撮影地には一人“大明神”さんが待っていた。
北白川駅から7~8分のお手軽撮影地である。

20040411-4011.jpg
12:25/4085レ

また「白+白」コンビが来ました…
今朝から更新機ばかりで次もそうだよ…
なんて話していたら…
20040411-4021.jpg
12:33/3085レ

当初は今度の下り列車で船岡へ行くことを予定していました。
でも、13:30頃通過する3088レの牽引機が[EH500-901]であることがわかった。

船岡へ行って桜バックの撮影をしようと考えると途中ですれ違ってしまう…
どうしようかと迷ったが・・・
めったに撮れない試作機なのでここで狙う事にする。
“すみだや”さんもここで撮るそうで、ご一緒します。
“ed77901”さんは駅近くの踏切で桜を絡めて撮るそうで場所を移動した。

「夢空間」が14:40頃通過する事を“大明神”さんから教えていただく…
“どん行列車”さんは仕事の都合で、これにて撤収!
北白川13:13発の電車に乗らないと間に合わないらしい…
岩沼に停車しているはずの5562レのカマを確認してもらう。
“大明神”さんは「やっぱり船岡へ行く」と言ってここを後にした。

20040411-4031.jpg
13:24/3088レ

20040411-4041.jpg
13:27/4087レ

≫ 続きを読む

| 2004年 | 13:27 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

内房さざなみハイキング

JR東日本は10月の改正で「わかしお」「さざなみ」にE257系500番代を導入すると発表。
全面置き換えではないが183系の運用が少なくなるので、今のうちに撮影しておこうと思いました。

183系は房総地区に新製配置以来30余年。E257系500番代がデビューし、置き換えが進められて行く。

房総と言うとやはり「海」。
海バックで撮れるところとなると意外に少ない…
色々なサイトを見ていると、編成がスッキリ撮れる定番の浜金谷~保田間。
そして、鋸山に登ると俯瞰で海バックで撮れる…って事で決定!

時刻表を見ると平日 日中の183系使用列車は浜金谷~保田間は普通列車になる。
てことはヘッドマークも「普通」になっちゃうのかなぁ?
と、上り列車に「さざなみ8号」がある…保田駅は通過だが8:32頃と推測する。

この時刻に間に合うには・・・
東京6:45発の「さざなみ1号」が保田に8:21着、上り通過時刻まで10分しかない…
それに「さざなみ1号」は183系だし、できればこれも撮りたい。
時刻表と相談しながら…「東京湾フェリー」を思いつく。
20040802-101-1.jpg
5:14/海老名駅

久里浜へ行くには…海老名から相鉄線で横浜経由で京急に乗ります。
20040802-102-1.jpg
6:41/京急久里浜駅

「東京湾フェリー」は久里浜港~金谷港を40分で結んでいる。
自宅からは久里浜港7:25発が余裕で間に合い、金谷港には8:05着
金谷港からはタクシーに乗れば撮影地まで10分位で着くだろうと考えた。
船内はゴルフバックを担いだ方々が多かった。
20040802-103-1.jpg
7:54

金谷港が近づき、下船口に行くとすでに数人が並んでいる。
足早に下船する人がいるので…
タクシー狙いかっ?と思い私も後を追っかけ、一人追い越す。
と、みなさんゴルフ場行きの専用バスに乗り込む…
さてとタクシーは…ガーン!いない(T_T)
電話すると5~6分待ってくれと言う。
20040802-104-1.jpg
8:12

ゴルフ場行きのマイクロバスを見送り、一人ポツンと待つことに…
「さざなみ1号」には間に合わなかった。

≫ 続きを読む

| 2004年 | 10:13 | コメント:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT