FC2ブログ

さがみの鉄道写真/撮影日誌…archives

1974年頃からの写真を公開しています。

1990年05月 | ARCHIVE-SELECT | 1990年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

板谷峠の機関車について…

板谷峠は碓氷峠と並んで連続急勾配が続く難所として知られ
最急38‰、33.3‰の勾配がおよそ30Kmも連続する。
トンネルも多くスイッチバックも4駅続くため、早くから電化されていました。
1949年(S24)の春であった。
電化当初はEF16が…
1964年の冬から板谷峠用に新製されたEF64(1~12号機)が重連で活躍…
1968年10月に交流電化が完成し
ここに板谷峠の本務機「ED78」、補機「EF71」が誕生する。

ED78は1967年に試作されたED94の量産機で13両が製作される。
ED94は[ED78 901]として量産機同様に改造され1986年10月まで活躍し
その後はJR貨物吹田機関区において保管されましたが解体されました。
1号機は仙台・利府にある新幹線総合車両センターに保存されている。

19600605-1001.jpg

EF71はED78重連では牽引力が不足するため板谷峠の補機(当時の計画)として生まれる。
15両製作され山形新幹線開業の1992年まで活躍。
他の線区ではそのパワーを活かしきれないため全機廃車されたが
ED78と同じく新幹線総合車両センターに1号機が保存されている。

両機とも急勾配区間を運転するため転動防止装置や交流回生ブレーキ装置を装備したのが最大の特徴で、ED78は山形新幹線開業後も仙山線で貨物列車の先頭にたっていました。

| 板谷峠 | 11:25 | コメント:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |